ココロとカラダがゆるむ施術 “Atsu”

ジャパニーズオイルセラピーAtsu®は3000人以上のプロセラピストを育成してきた施術家関口智子先生のオリジナルメソッドで身体と心にアプローチする究極のリラクゼーションを探求したオイルセラピーです。

深く骨まで響きながらもやさしく柔らかい圧と、ふわ~っと身体がゆるむ2つの圧が心と身体が同時に解放されていくような感覚で自然とおだやかな気持ちにいざないます。

ひと言で表現すると『受けるマインドフルネス』のAtsuの施術。

深くてやわらかい手から「今ここ」を心と身体で感じていただき本来お持ちの肌感覚を呼びさましニュートラルな状態を保っていただけるようお手伝いをします。

 

パルムレでは、女性ホルモンバランスをサポートする上で『ココロとカラダをゆるめる』ことがとても大切だと考えています。

そこでまさに『ココロとカラダをゆるめる施術』でもあるこの“Atsu”の施術を2019年1月よりいち早く導入しました。

この施術ができるのは日本でもまだ30人ほど。(長野県内ではまだ2人)

日本の指圧とオイルトリートメントを組み合わせた新感覚のオイルセラピー“Atsu”を実際に受けたお客様のご感想です。

『すごくリラックできた!呼吸が楽になった!』

『全身がぽかぽかになった』

『心もからだもゆるゆるになった~』

『全然痛くないのにゆるまる感覚。肩のコリが楽になった』

『びっくりするほど体が軽くなった!全身のめぐりがよくなった気がする』

『スッキリした。気持ちも軽くなってやる気が出た。』

『むくみが軽くなって目が大きくなった』

 

Atsuがお客様に感じていただきたい3つのテーマがあります。

◇感じるこころ・からだを育む(肌感覚)

◇こころとからだのバランスを整える(自律神経・呼吸)

◇こころとからだがポカポカ、代謝向上(血流と排出)

『お客様がどう在りたいか』を大切に、その『在りたい姿』をご一緒に寄り添ってサポートできるようにカウンセリング(ボディバランス,東洋医学の気血水,生活習慣)の時間も大事にしています。

「“Atsu”ってこんな施術」をまとめてみました。

○心と身体がゆるみポカポカになる施術

モニター様のご感想でとても多かったのが「ゆるんだ~」「リラックできた」でした。押すのではなくやさしく柔らかく深く圧することで、呼吸に関連する筋肉がゆるみだんだん呼吸も深くなって自然と心もゆるんでいきます。そして骨際をしっかりたどりながら筋肉を丁寧に触れていくことで深い部分の血管やリンパ管などへもアプローチし隅々まで血流を流し込むようにトリートメントしています。

また、筋肉と腱の移行部にある張力を感じとって筋肉を緩ませる体のしくみを応用しています。

これらの事から、心も身体もゆるんで血流の増加と深層筋の発熱によりポカポカに感じる方が多いのが
“Atsu(熱)”です。

 

○もみ返しの無い痛くない施術

独自のスタンス理論に基づき、力で押し込むのではなく深く圧しているのが“Atsu(圧)”です。

「しっかりほぐれているのに全然痛くなかった!」というお声が多いですが、独特の身体の使い方で
ふわふわな柔らかい手で深い圧と密着感を感じていただきながらも嫌な痛さやもみ返しでお客様のお身体を
傷めてしまう心配はないのです。

そして、手力で施術しないので私たちセラピスト自身の身体も傷めず疲れにくいのもこのスタンスのおかげです。

 

○自律神経と呼吸がととのう施術

“Atsu”は禅の意識をとり入れた呼吸法も大切にしています。

ゆったりとした呼吸の誘導が心の安定と自律神経の鎮静につながり、自然と穏やかな気持ちになれたという方が多いです。

優しく柔らかく圧することで呼吸に関連する筋肉がゆるむので施術後はより深い呼吸ができるようになっています。

自律神経がととのうことで、ホルモンバランスを整えたり、免疫力,自然治癒力,睡眠の質などの向上も期待できます。

 

○日本の文化を手から伝える施術

“Atsu”は日本のおもてなしの文化もとり入れています。

シーツの整え方や声のかけ方、触れ方、何気ない所作などもごこまでも丁寧に心を込めています。

相手をおもんばかる所作を意識した施術を行うことが、お客様の安心感やリラックス感につながります。

日本の文化でお客様への愛情を手から伝えています。

 

文章は関口智子先生に了承を得てAtsuStudioJapanのHPより一部抜粋させていただいてます。

 

関連記事

  1. 2019年明けましておめでとうございます

  2. 女性ホルモンケアの学びの一日

  3. ジャパニーズオイルセラピーAtsu®アドバンスを受講して今感…